~in my side,with a smile~ kira`s diary

仕事(大工)、趣味(マラソン)、息子の成長記録。その他色々。 一級建築士とマラソンサブ3.5目指してます!!!

完成見学会。

11月から始まった新築工事もようやく完成した。

今日の日の為に、仕事を頑張ってきた。


f:id:kirataku:20170325123336j:image

工期も厳しくて、夜中遅くまで頑張った現場。

若い頃に比べると、体力も無くなり、体もあちこち痛めながら頑張った現場。

正直、こんなに頑張った現場は久しぶり。

だからこそ思い入れの深い建物になった。

施主様に、家の何処かに名前を彫って欲しいと言われ、「私は名を残すほどではないよ」と伝えたが、「私たちの家の為に、一生懸命作り上げた棟梁を忘れないように」と言って下さった。

目頭が熱くなるほど嬉しかった。

私は大工として、職人として、自分の腕を仕事を、信じてしてきた事、これほどの誉め言葉、上にも下にも無い。

込み上げる涙に、自分が大工になって良かったって思える瞬間。

私の作った家は、20年30年それ以上後世に残る。私が死んでも、その家は家族を、子供達をずっと守っていく。

雨の日も、雪の日も、台風だって地震だって、どんな時も耐えていける、家族の命を守る家を、私はこれからも作り続けていきたい。

笑顔を守る家を作り続けていきたい。

改めて、その想いを教えてくれたお施主様に感謝したい。

幸せに、笑顔で過ごせることを切に願う。

激飛び花粉でヤラレタ…。

この季節になると、ものすごーーく憂鬱になる。また、マスクと過ごす日々が始まる。


あの季節が到来‼。 - ~in my side,with a smile~ kira`s diary

今年は去年の四倍とか五倍とかなんて言ってるけど、花粉が飛んでれば何倍だろうと一緒だと?…。

目は痒いし、鼻水は止まらないし…そのお陰で、マスクビチャビチャだし…。

(汚くてm(__)m)

https://www.instagram.com/p/BRw_c6aBnai/

モルタル造形の下地作り。#モルタル造形#左官仕事#大工なのに#鏝#我ながら上出来#お手伝い中#花粉症#花粉飛びすぎ#目が痒い

 

 点鼻薬やら鼻炎カプセルやらの服用で、鼻は匂いが感じなくなったり、眠気が襲ったりで、花粉症の私には辛い季節。

世の中から杉とか無くなればいいのに‼。

と、職業柄、言えない問題発言(笑)

 ランニングもマスクしながら走らないと、ヤバイなぁ…。

来月は焼津マラソンにエントリーしてるのに…。(ハーフ)

目標のサブ100出来るかなー?

その前に病院行かなきゃだな。

 

明日のレースに参加される、はてブロランナーさん達の、目標が達成出来るよう応援してます‼

次に繋がる練習を探せ‼

静岡マラソンが終わって、もう一週間が経とうとしている。

痛めた膝も、歩けないぐらい痛かった筈なのに、今では普通に動いている。

 

実は静岡マラソンゴール後、清水駅の会場で余韻に浸りたかったのだが、会社イベントが気になり、直ぐに電車で帰宅。

シャワーも浴びず、顔だけ洗って車に乗り込み現場へ。

お客様と一緒に左官仕事を手伝った。


f:id:kirataku:20170311121529j:image

脚立に乗り降りが、物凄く苦痛だったが、終始笑顔で珪藻土を塗った。

今思えば、動くことでリカバリーランに似たものが、あったのかも知れない。

 

静岡マラソンで得たデータを次に生かす為に、どんな練習を積めば良いだろう?

 

まずは、フルマラソンに耐える脚力作り。

どうしても、30㎞近辺で足つりや痙攣が起きる。エネルギー補給も今回はコンスタントに摂取していたが…。

日頃の練習でも、中々30㎞を越す走りはしていない。

なので今後はなるべく長距離を走る事にしてみる。

ジョグでもLSD でもとにかく長く長く…。


f:id:kirataku:20170311122707j:image

(後半ノコギリみたいな形、笑)


f:id:kirataku:20170311122719j:image

 

心拍はどうだろうか?

今回レースでは、ペース設定を5:12としたが、少し上回る立ち回り。

それでも前半は150を越えることはなく安定していた。

が、20㎞を過ぎた辺りから、徐々に上がり始め、160を越え始めた。

ピークは170前後。ここで痙攣。

走った感じでは、息があがるほどの乱れは無かったような気がする。

でも、心拍は右肩上がり。

筋肉の使い方が悪いのだろうか?

 

LT 閾値、ランニングパフォーマンスの向上が、今後の課題となりそうだ。

限られた時間での練習、ただ単に走るのではなく、意識して、より内容の濃いランニングに努めたい。

はてブロランナーさんの練習方法を参考に、明日からまた、目標に向かって走ろう‼

 

静岡マラソン2017出走記②

前回の続き。


f:id:kirataku:20170308123433j:image

20㎞~25㎞


f:id:kirataku:20170308123851j:image

ラップ  26:06  average  5:13

安倍川沿いを更に南下。海岸線に辿り着く。

風は少し向かい風に感じた。

潮の香りがとても気持ちよく、道もストレートに近いので、清々しく走れた。

この頃から、150前後で落ち着いていた心拍が徐々に上がっていく。

 

25㎞~30㎞

f:id:kirataku:20170308124402j:image

ラップ  26:43  average   5:21

海岸線が続く。海が近いからか陽射しが強く、暑さが体に突き刺さる。額からは大量の汗。マラソンの時は、ハンカチとか汗を拭き取る物をポケットに入れて走るのだが、今回のレースでは忘れた…。なので、給水ポイントで受け取ったスポンジを代用しようとポケットに入れた…が、水の切れが悪かったらしく、ランパンは変なとこが濡れてしまった(笑)恥ずかしい…。(爆)

30㎞の壁を越えるべく、ザバスピットインを投入。(2回目)

ここでもmag-on投入したかったが、どうやら置いてきたらしい…。 

30㎞~35㎞

f:id:kirataku:20170308125823j:image

ラップ  29:35  average   5:55

ペースは落ちてくものの、心拍も160前後でまだまだ行けると思った33㎞付近で、右膝辺りが突然痛みだした。

いつもはふくらはぎとか、太股裏とかが痛みだしたりしたが、今回は全く別の場所。

ペースを落とし、様子を見ながら走るのだが、痛くて堪らない。

仕方ない、一度体勢を整えるべく、徐々にスピードダウンして、止まらないように歩いてみた。

そんな程度では痛みが収まらないのか、それとも、止まれば楽になれると、自分の弱さがそうさせたのか、自然と足が止まってしまった…。

と、その次の瞬間、右足に電流が走り、攣った。

他のランナーの邪魔にならないよう、膝を押さえながらコースアウト。

攣りを治そうと、処置を施すと、この時は直ぐに収まった。

膝の痛みはまだ残るが、先に進まなければと、ペースをキロ:6:00迄下げて走り出す。

 

35㎞~40㎞


f:id:kirataku:20170308143037j:image

ラップ  36:00  average 6:00

依然として右足膝の辺りが痛み、一歩一歩が辛くなる。右足を踏み込めなくなってくると、体が自然と左に傾く。こうなるとフォームもバラバラ。

あちこちにズレが生じ痛みが広がっていく。

走っては歩き、走っては歩きの繰り返しに、右足をかばっていたせいか、今度は左足が痙攣し始める。

36キロ付近、歩道に体を乗り上げる。

 

もう、限界か…。

 

そんな言葉が脳裏を横切った。

 

私は両手で膝を押さえ、前屈姿勢のまま、回りを見ることが出来なかった。

皮膚の下に、何か別の生き物がうごめくかのように、筋肉が波打っていた。

それを押さえようと、爪を立て膝をつかんだ。それでも痙攣は止まらなかった。

完全に動けなくなってしまった。

周りの応援の方々が私を見ていただろう。

ここまでの道のり、沢山の声援を貰ってきた。

沢山の方々が声援してくれたのに、それに答えることが出来なくて…悔しい。

皆さんの顔が見えない位、私は顔を伏せた。

目が合えば、泣きそうになるから。

 

動けよ‼俺の脚‼

 

何度も何度も膝を握りしめ、怒りを膝にぶつけた。

ここでDNFでもいいじゃないか?

練習不足だからしょうがない?

でも、今までの練習は何だったのか?

自問自答の世界が、葛藤が始まった。

 

私は…走り出した‼

 

目標も、自己ベストも、サブフォーだって関係ない。

私を応援してくれる人達のために、私は走らなければいけない。そう、感じた。

この大会に携わった人達への精一杯の感謝をしたい。

それがゴールすることなんだ。

膝が痛くても、前には進める。

一歩一歩、前に、前に…。

 

40㎞~Finish
f:id:kirataku:20170308195605j:image

ラップ  18:22  average   6:07

41㎞付近で、またもや両足が同時に攣る。

コースアウトし、痙攣が治まるのを待っていると、ボランティアの方が近寄ってきて、

「救護呼びましょうか」

との、問いかけ。私は、

私「大丈夫です。まだ走れます。」

ボ「分かりました。ここまで来たのだから、きっとゴール出来ます‼最後まで頑張って下さい。後少しです‼」

ボランティアの方は、側を離れず私の様子を伺いながら、励ましの言葉をくれた。

有難うございますの言葉と共に、私は走り出した。

ここから先は、止まらないで走りたい。

最後ぐらいは、止まらないで走りたい。

攣るか攣らないかのギリギリのラインで少しずつだが、前に進むとフィニッシュゲートが見えた。

周りには沢山の声援を送る方々。

ここまでこれたのは、皆さんのお陰だと、心から思った。

沢山のランナーがゴールしていく。

私もいよいよその時が来た。

だが、両手を上げてゴール出来なかった。

悔しさで上げる事が出来なかった…。

 

ゴール後は少し落ち着くまで路肩に寄り、呼吸を整えた。

レースが終わった事を受け入れる時間が欲しかった。

f:id:kirataku:20170308204014j:image

落ち着きを取り戻して、記録証を取りに行く。


f:id:kirataku:20170308204252j:image

目標に及ばず、自己ベスト更新もならず、悔しい気持ちだけが残った。

 

 

これまで沢山のレースに出走したが、こんなに悔しさで溢れたレースは初めてだった。

この悔しさの原因は、自分の弱さ。

自分の脚力の弱さが露出したレースになった。

まだ私の脚は、フルマラソンに耐える脚ではない事を悟ったレースにもなった。

自分の弱さを知ることが、強くなれる自信に繋がる‼。

私はその事を知ってるから、また強くなれる。

弱さを力に代えて、もう一度、両手を上げてゴールしようと思う。

また、走ろう‼。

 

f:id:kirataku:20170308210651j:image

 

静岡マラソン2017出走記

昨日は沢山のコメント、ありがとうございました。皆さん優しすぎです(笑)

興奮も悔しさも、そして疲れも落ち着いてきたので、記憶があるうちに、はてブロに書き留めておこうと思います。

 

 

待ちに待った私のメインレース『静岡マラソン』が開催だ。今日のこの日迄、コツコツと少しずつ練習してきた。大会日と会社のイベント日が重なり、年明けからは、ランニングに行く日も減り、練習不足なんじゃないかと不安要素もあったが、今まで走った自分を信じて、大会の朝を迎える。

 

始発の電車で静岡駅を目指す。電車内はランナー達で溢れていた。


f:id:kirataku:20170306210130j:image

駅から歩いて20分少々、会場に着く。

更にランナー達で賑わっていた‼


f:id:kirataku:20170306210419j:image

今年の静岡マラソンは念願の晴れ‼。

富士山もよく見えそうだ(毎日見てるけど、笑)

荷物回収場所の近くに腰を下ろし、仕度を始める。

今回の作戦は、練習不足から、サブ3.5ペースは絶対無理だと分かっていたので、ハードルを下げ、3:40:00を目標に5:12秒ペースで走ることに。

そして足つり防止の為に用意したもの。


f:id:kirataku:20170306212504j:image

エアーサロンパスとmag‐on。

ラン前とラン中にと、mag‐onは二個用意した。

スタート30分前になったので、軽くジョギングしてから列に並んだ。


f:id:kirataku:20170306220757j:image

暫くすると、急に列が動きだし少し小走りに。あれ?スタートしたのかな?と、思ったが、今年からコースが変わりスタート地点迄、移動するらしい。

移動から暫くすると、アナウンスが流れ、スタートの時が迫った‼

ファンファーレがメインストリートに鳴り響き、いよいよその時が来た‼。

『パンッ』

と、乾いた音がしたかと思えば、ドドドォーと、地響き並のランナーの足音が、街中に響き渡る。静岡マラソンの始まりだ‼。

 

スタート~5㎞
f:id:kirataku:20170307032011j:image

ラップ 25:42   average  5:08

三度目となる静岡マラソン。過去2回はテンションが上がり、最初から飛ばしすぎた感がある。(何時もの事)

「今年は絶対に決めたペースを守る」を、意識して、ガーミン見ながら走る。

一万人以上の大会。人の数も半端ない。自分のペースを守るべく、蛇行は致し方ないと、隙間を見つけては入り込む。

 

5㎞~10㎞

f:id:kirataku:20170307033334j:image

ラップ 26:53(25:46)average 5:22 (5:09)

 7㎞付近で、レース中初めてのトイレに…。

レース前にもちゃんと済ませたのに、スタート前の列に並んでる時、あまりにも寒くて催してしまった。スタート直後からトイレを探す始末…。

頭の中でぐるぐると、トイレの文字が回りだし集中できない。

二個目のトイレポイントで人が少なかったので直ぐに列に並んで待つ。

そこで私は、あることに気付けば良かった。

ガーミンのオートポーズ機能の解除を忘れたことに…。

トイレに気をとられ、ガーミンのバイブすら気付かない始末…。

スッキリした事と、早くレースに復帰しなきゃとの焦りで全く気にもしなかった…。

なので、ペースは5:12をキープしてるって思い、「今日は調子よさそう‼」なんて思った私、実際は1分少々のロス…。

気付けよ…俺(笑)

 

10㎞~15㎞

f:id:kirataku:20170307064636j:image

ラップ 25:19   average   5:03

ここまで来ても、コースはランナー達で溢れていた。

コース変更に伴い、去年と違う場所を走るのは、中々新鮮だった。

けど、少し道路の幅が狭く窮屈って感じた…。この辺はまた改善してもらいたいなと、思いながら折り返しがあるポイントへ。

今日のレース参加を事前から知っていた、えいさん(id:eizack)、koji さん(id:k-nisi)の姿を探す。お二方の走力は私の遥か上。絶対先行しているはずなので、一目拝もうと(応援)中央よりに走ってみる。

頼りはブログにアップされていた服装。

が…。私は視力が悪く、眼鏡無しだと(レース中は外す)全てがぼやけてしまう。

過ぎてくランナーを睨み付けるかのように目を凝視したが、見当たらず少し気を落とす。

けど、二人に追い付けって気持ちで、自分の脚に気合いをいれた。なので、ラップが少し速くなる。

 

15㎞~20㎞

f:id:kirataku:20170307080853j:image

ラップ 25:23  average   5:04

ここからは安倍川沿いを南下。緩やかな下り坂となる。

街から離れた場所、それでも沿道には沢山の応援の方々。小さな子供から、年配の方々。

皆一応に頑張れの声援を送ってくれる。

タッチをしてくれた人には、「ありがとう」と、か細い声だか、届いただろうか?

 

後半に続きます。