A carpenter's blog that can run

仕事(大工)、趣味(マラソン)、息子の成長記録。その他色々。 一級技能士とマラソンサブ3.5目指してます!!!

忍野高原トレイルレース 2019 後編

依然、左足首の調子が今一なキラです。

原因はなんなんかなーと、ネットで調べまくってます。(病院行け)

読み漁ってるうちに、気になる事がいくつか…。

僕はかなりのo脚。爪先を付けた状態で膝の間は拳弱程の隙間が空きます((( ;゚Д゚)))

o脚の人に多いのがアンダープロネーション。それも原因かと。

学生の頃、剣道をやってまして、踏み込む場合、左足で蹴りあげます。その名残?もあるのか、左足着地は親指からしてる感覚がありました。

ん?

違う、アンダーなら小指側に捻る?

そうなんです。o脚なのに親指側に捻って着地してるっぽいのです。

足の裏全体での着地が上手くいってないような…。

原因はそれなのか?とも思いましたが、何で今頃…?

なにがなんだか分からなくなってきましたが、取り敢えず時間できたら、足の計測に行ってきたいと思います。

 

前回の続きです。

 

≪前回の様子はこちらから↓↓↓≫


忍野高原トレイルレース 2019 前編 - A carpenter's blog that can run

 

スタート~最初の山『太平山』の頂上を目指します。

 

向かう途中、木で出来た階段があるのですが、一段一段が微妙な高さで、僕の脚を虐めます(笑)

一段が高いので登っていくのも一苦労…。

心拍は160を超え、呼吸が苦しくなっていきます。

 

f:id:kirataku:20190606225710j:image

≪公式サイトから≫

 

ゼィハァしながら登っていくと、拓けた場所に出ました。

そう、太平山の頂上です。ここにはエイドもありました。

 

拓けた景色に山中湖が見えました。


f:id:kirataku:20190606230121j:image

チャレンジ富士五湖ウルトラマラソンで走った山中湖が、あんなに小さく…。

あぁ、ウルトラ楽しかったなー。と、感慨深く景色を堪能してエイドで給食を頂きました。

一呼吸して次の山『平尾山』に向かいます。

平尾山はどちらかというと、通り過ぎてく感じでした。アレ?いつの間に?みたいな(笑)

暫くは下りが続き、苦手な僕はせっせこ慎重に降りていきます。

山を下り、一旦ロードに出ました。


f:id:kirataku:20190606230933j:image

さっきまでフカフカな道を走ってたので、何だか違和感が…。

ここら辺から、左足首がズキズキと痛みだしました。

残り後10㎞。ロードなら1時間あれば走れますが、これからもう一山越えなければなりません。

DNFするなら、このタイミングでしたが、なんせ楽しくて楽しくて仕方無く、そんな気持ちは微塵もありませんでした。

だから故障が悪化するのかも

 

次に向かうのは二十曲峠。

先程の山とは少し違って、勾配もきつく、走ってるのか歩いてるのか、分からないぐらいのスピードで登っていきます。

二十曲峠には、第2エイドが併設されており、早くそこに辿り着きたい一心で山を駆け上がります。

(この辺から、疲れのせいで写真少なくなります、笑)

 

ようやく二十曲峠に到着。もう、脹ら脛から太ももから、パンパンになってました。

それに、お腹も減ってきて、早くなにか食べたくて仕方ありませんでした。

ロードではハーフ走ってもそんなに食欲沸きませんが、トレイルはやっぱり体力使うんだなって思いました。

ボランティアの女性の方が『塩バナナあるよ~!!』との声が。

ん、塩バナナだと(;゚Д゚)

初めての事だったので迷わず貰いました。

味は…。もんの凄く美味しい!!

普通に塩振ってるバナナなんだけど(笑)

甘辛い?とでも言いましょうか、疲れた身体には絶品でした。


f:id:kirataku:20190606234620j:image

 

ここからゴール迄残り7㎞弱。お腹も満たされ、立ノ塚峠を目指します。

ここはロングコースとの分岐点。ロングの方々はこの先の杓子山を目指します。そう、UTMFのコースでもあります。

僕はそこ迄行けませんが、そこに挑戦した方々を間近で感じられる事に、凄く感動しました。

100㎞以上走ってきて、更にこんな険しい山々を走っていくその姿を、思い浮かべては、尊敬の思いでいっぱいでした。

 

トレイルは自然を満喫して楽しむスポーツだと、僕の中で勝手に思ってましたが、実際は危険と隣り合わせ。過酷な環境の中、一歩踏み違えば、怪我、最悪は…。

 

そんな山道を今僕は走っています。

ゼィハァしながら、走って歩いて走って歩いて…。

でも、

でも、

やっぱりトレイルは最高に楽しい!!


f:id:kirataku:20190606234550j:image

ヘトヘトで足首も痛くて、脚もパンパンだけど、心からそう思いました。

理由は分かりません、でも、それがトレイルの魅力なのかな?

 

そんな事を考えながら、気付くと立ノ塚に。

ここから先はずっと下り坂…。

苦手だ…。何であんなに早く降りれるのって思う。

ここは、少し岩も多くて少しでも気を抜くと転んでしまいそうな程。

瞬時の動作が明暗を分けます。

慎重に駆け降りて、再びロードに。

後は、ゴールの忍野中学校を目指します。

あぁ、もう終わっちゃうのか…と、名残惜しく走ります。

沿道からは、地元の方々が応援してくれてました。

そんな声援の中、ゴールしました。


f:id:kirataku:20190606235548j:image


f:id:kirataku:20190606235708j:image

 

時間は2時間49分。とても楽しい時間でした。

 

ゴール後は、ボランティアの方々から色々なものを手渡され、(タオル中、富士山の水、経口水、忍野蕎麦)完走証を受け取ります。

 

そして豚汁?のサービス。


f:id:kirataku:20190607000112j:image

1人1杯でしたが、絶品でおかわりしたかったです。

そしてこちらも。


f:id:kirataku:20190607000207j:image

忍野蕎麦です。こちらは200円也。

これまた絶品でおかわりしたかったのですが、お土産貰ったので、家で食べることに。

 

もう少し長居したかったのですが、車がもしかしたら邪魔になるかもと、急いで戻りました。

帰られる方々の邪魔にはなってなかったのでひと安心。そのまま着替えもせず車で向かった先は温泉。

 

鳴沢道の駅にある『ゆらり


f:id:kirataku:20190607000942j:image

疲れた身体を癒しました。

 

以上でレポは終わりです。

 

忍野高原トレイルレースの大会関係者様、大会に従事してくれたボランティアの皆様、応援をくれた地元の方々、そして朝早くから頑張ってくれた忍野中学校の生徒の皆さん、本当にありがとうございました。

皆さんのお陰で、本当に楽しかったです。良い思い出が出来ました。

 

来年もまた参加したいと思ってます。

ロングに挑戦かな?その時はまた宜しくお願いします。

 

最後に…。

 

トレイル最高!!

 

忍野高原トレイルレースに行って来ました。故障で練習不足でしたが、ミドルの部、完走出来ました。凄く凄く楽しかったー。来年はロング…出ようかな?#忍野高原トレイルレース#トレイルランニング#マラソン#ランニング#また#relive#来年も#サロモン

 

 

忍野高原トレイルレース 2019 前編

6月最初の日曜日は、山梨県忍野村で行われた『忍野高原トレイルレース』に参加してきました。

 


第10回富士忍野高原トレイルレース【公式】

 

ウルトラマラソンの爪痕なのか、左足首の故障で5月の走行距離は57㎞…。

(左足首は外反捻挫だと思われる)

 

久しぶりのトレイルとあって、坂道トレーニング等、練習しなきゃと思いながらも出来ず仕舞いで迎えた大会前日。

少しでも違和感があったら、DNFの前提で忍野村へと向かいます。

 

僕の家から車で1時間とちょっと。山中湖付近迄来ました。見渡せば新緑の山々に囲まれ、あの山の中を走れるのかと、気分上々。


f:id:kirataku:20190604123747j:image

 

大会会場付近に駐車場があるので、探索していたら通りすぎてしまいました…。誘導の方々がいましたが、看板もなく分かりにくい…。

仕方無く自力で駐車場迄行くと既に満車。

ボランティアの方に『近くに駐車場ありますか?』と、尋ねたら、『そこの芝生の上でええよ』と…((( ;゚Д゚)))

なんと、閉鎖された駐車場の目の前に停めさせて頂きました。会場迄徒歩一分、何だか申し訳ない(笑)

会場に着くと、沢山のランナーで賑わってました。


f:id:kirataku:20190604124024j:image

(写真だと少ないけど、本当にいっぱいだったよ)

 

今回、初めて当日受付をしました。

事前に自分の≪ナンバーカード引換証≫をPCから検索して印刷するか、スマートフォンの画面を見せるかすると、ゼッケンと参加賞が受け取れるというシステムでした。

最近の大会ではエコを心掛け、資源の見直しとかで、パンフレットの送付等無くなってきてるみたいですね。今はネットでも見れますし、とても良いと思います。

(PC不馴れな方は戸惑うかも…僕もその一人なのですが、笑)

 

ゼッケンを受け取り、一旦車に戻ります。

近くに停めれたことで荷物預けも着替えも車でする事に。

格好だけはトレイルランナーになりました(笑)

そして、今日の為に買ったサロモンのトレイルシューズ!!もう、履きたくて仕方無かったのです。


f:id:kirataku:20190604220534j:image

試走もほんの少ししか出来なくて、ぶっつけ本番!!頼みます!!

 

今回は、ミドルコースでのエントリー。

本当はUTMFのコースを走れるロングにしたかったけど、僕にはまだまだ遠い山。

今年は降雪で短縮されましたが、全国からこの地を目指してきたランナーの、残していった想いを、少しでも肌で感じたくてのエントリーでした。

 

そんなロングコースに挑む選手を見送ります。


f:id:kirataku:20190604215458j:image

 

その次はミドルコースの部。一応ウェーブスタートなのですが、男子と女子に分けられ、何だかオッサン達だらけで花がないスタートとなりました(笑)

 

それでも、忍野中学校のブラスバンド部の演奏に、朝から感謝の気持ちと、元気を沢山貰いました。

 

7:50分、いよいよ忍野高原トレイルレースの始まりです!!

 

コースはこんな感じです。

 

f:id:kirataku:20190604221008j:image

スタートしてから約5㎞はロードが続きます。この日は曇り空で富士山も見えませんでしたが、走るには丁度良い気候でした。

 

f:id:kirataku:20190604221258j:image

 

その先まで続く田園風景を横目に、トレイルへとコースは変わります。

 


f:id:kirataku:20190604221703j:image

 

最初、このくらいなら走っていけるぞと、息巻いて挑もうとしましたが、何せ久しぶりのランニングで既に息があがってるという…(笑)

 

でも、暫くすると1列での歩きへと変わっていきます。

 

f:id:kirataku:20190604221813j:image

 

道幅が狭く、追い抜きも出来ないような所なので、息を整えて列に従って歩きます。

ここまでは足首の痛みもさほど無く、安心してました。

が、まだまだ序の口、この先はもっと過酷になっていきます。

 

 

 

次回に続きます。

忍野高原トレイルレース完走!!

忍野高原トレイルレース、ミドルコースに参加してきました。

故障で走れていなくて、不安だらけでしたが、久しぶりのトレイルは、凄く凄く楽しかったです!! 

 

f:id:kirataku:20190602150311j:image

 

詳細は、また書きます。

 

忍野高原トレイルレースに行って来ました。故障で練習不足でしたが、ミドルの部、完走出来ました。凄く凄く楽しかったー。来年はロング…出ようかな?#忍野高原トレイルレース#トレイルランニング#マラソン#ランニング#また#relive#来年も#サロモン