読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~in my side,with a smile~ kira`s diary

仕事(大工)、趣味(マラソン)、息子の日記。その他色々。 今の目標は、一級技能士とマラソンサブ3.5‼

富士山女子駅伝の応援に。

マラソン なんでも 息子

今日は地元で行われた『富士山女子駅伝』の応援に、息子と二人で行ってきた。


f:id:kirataku:20161230141114j:image

 

開催地の富士市富士宮は、朝から交通規制が始まり、物々しい雰囲気になった。

市全体が一体となって、大会を盛り上げる為、様々な準備をしてきた事だろう。

 

私がマラソンに興味を持ち始めてから、いつかはリアルに応援したみたい気持ちに。

市民マラソンとは、違った本物のアスリートの戦いを間近で見たくなった。

立命館大学か、松山大学、または名城大学か?

タスキを繋ぐ43.8㌔の戦いが始まった。


f:id:kirataku:20161230142543j:image

上空ではテレビ中継のヘリコプターが旋回していた。

「もうすぐここにランナーが来るよ!!!」

そう息子に告げると、渡された応援旗で声援を声高々に叫ぶ。


f:id:kirataku:20161230142810j:image

息子はそれよりも、白バイの方に目移りしてしまう(笑)


f:id:kirataku:20161230142920j:image

中継車も来た。


f:id:kirataku:20161231065913j:image

1号中継車の中には、Qちゃんこと高橋尚子さんも解説者で同乗している。

マラソン選手として、名を馳せた彼女が通りすぎていった。握手…は、無理だな(笑)

 

そして間もなく、トップの選手が通過。


f:id:kirataku:20161230143252j:image

私の応援している区間は2区。

先頭できたのは、松山大。

息子と二人で『頑張れー。』の声援。

一生懸命旗を降って応援した。


f:id:kirataku:20161230220553j:image

続いて立命館大学。カメラの調子が悪く、狙って撮る事が難しかった。

後続の選手達も視界に入ってくる。


f:id:kirataku:20161230220906j:image

最初のランナーから、5分程で私たちの前を通過して行った。㌔3分前後で走っていく駅伝選手のスピードに、凄いの眼差し。

きっと、沢山沢山練習してきたことだろう。

通過した後も、家に帰ってテレビ中継で、応援する。

途中、トップを走っていた松山大学の前に立命館大学が出る。

5区での出来事。後を追う松山大学の中原選手。

懸命に立命館大学を追うが、今にも倒れそうな感じ…。故障していたとこが振り返したのか、脱水症状なのか、テレビ越しでは分からないが、後続の選手に抜かれていく。

フラフラになりながらも、脚がガクッってなりそうなのも、懸命に堪えて、前に前に進んでいく姿。絶対タスキを繋ぐという精神力の強さに、感動が止まらなかった…。

テレビ越しに、何度も声援を送った。

止まることなく、タスキを繋げた中原選手は、託した瞬間にその場に倒れた…。

きっと、悔しいだろう。

それでもレースは続き、ゴールテープを切ったのは、立命館大学だった。

年末の忙しい時期だが、目の前で繰り広げられた、アスリート達の勝負に、感動と勇気を貰った。

年明けから、私ももっと、前へ前へと走って行こうと思う。

 

 

 

広告を非表示にする