Carpenter's blog that can run

仕事(大工)、趣味(マラソン)、息子の成長記録。その他色々。 一級建築士とマラソンサブ3.5目指してます!!!

第8回しまだ大井川マラソン出走記。 その2

2016.10.30

~しまだ大井川マラソンin リバティ~

f:id:kirataku:20161102122737p:plain

このレースの高低差はこんな感じ。ほぼフラットなコース。

 

 

このレースで自己ベスト更新。目標は3:45:00

㌔5:20ペース。

3度目のフルマラソンとあって、走り始めは意外と冷静にスタートする。


f:id:kirataku:20161101215722j:image

懸念していた右足の痛みもほとんど無かったが、念の為、ロキソニンを服用する。

痛みを抑えて走るのは、故障の原因になりかねないが、それでも今日は走りたかった。

 

順調にコースを走り、旧東海道宿場町の名残を残す、しまだ宿を走り抜ける。


f:id:kirataku:20161101215659j:image

これを抜けると大井川。

そこには、日本で唯一のマラソン専門コース《リバティ》があり、ランナー達で埋め尽くされる。

しばらく南下していると、そこに見えたのは世界一の木造橋《蓬莱橋》がランナーを迎える。


f:id:kirataku:20161101220643j:image

私がしまだ大井川マラソンを選んだのも、この蓬莱橋を眺めたくてエントリーを決めた。

真下から見る蓬莱橋は、大工の私にとってとても興味津々。だが、今はレース中。
じっくり見たい気持ちを抑えつつ大井川を南下する。

 

蓬莱橋をまじかで見れたのが、嬉しかったのかペースも上がり気味になる。
気づけば㌔5:05秒と、かなりのオーバーペースに。
折り返し地点まで、緩やかな下りなので、意識してないと自然とペースも上がってしまう。

南下を続けて、ようやく折り返し地点。(20キロ)
この時のタイムは、1:45:02秒 ㌔5:00と、サブ3.5に迫る勢いだ。
体の調子も良く、このままのペースでも走れそうだ…と、この時思ったのが間違いだった。

後半の20㌔からは緩やかな上り。

本当に少しの勾配だが、少し体が重たいような感覚で走ってる感じがする。

 

それでもペースをキープしながら迎えた28㌔地点。

左足の太股が痙攣し始める。前回のフルマラソンと同じ症状だ。

原因はやっぱりオーバーペース。

痛みをこらえながら徐々にペースダウンをし、回復を試みる。

31㌔を過ぎた辺りから、全身を何かに吸いとられているような感覚が襲い、体がズシンと重くなる。

30㌔の壁だ。

頭では分かっていても、体がついてこない。

足を前に前にと命令しているのに、体はそれに逆らうように無反応。

痛みだけは感じるのに、足は思うように動かない。

そして自然と足が止まってしまった。

気持ちだけは前に前にと思っていただけに、悔しい思いで胸が痛くなる。

それでも一分の望みをかけ、目標達成を目指して歩き始める。

そしてここから、走っては少し歩いての繰り返し。

だけど、止まることはなかった。

止まったら、もう走れないような気がしたから。

f:id:kirataku:20161102213712j:image

残りも後僅か。

この時からあまり記憶に残っていない。後何㌔かも分からないまま、前に進んでいたと思う。

ゴールした瞬間は覚えている。

辛かった、としか記憶に無い。

その場でうずくまり、右足の太股がつるのを必死に堪えていた。

悔しくて悔しくて、その場から離れられなかった。

分かっていた。目標達成出来なかったことも…。

 

こうして、私の《しまだ大井川マラソン》は幕を閉じた。

 

人生41年生きてきて、もういい大人になって、いろんな事経験してきて、感情的になる事が薄れてしまってた。

でも、涙が出そうなほど悔しくて、悔しくて…。

こんな感情がまだ、私の心に残ってたんだと思ったら、少し自分が好きになった。

そしてもっとマラソンが好きになった。

 

反省する事は沢山ある。課題は山ほどある。しかし、まだまだ私は走っていける。

マラソンは楽しいって思えるから‼。

広告を非表示にする