読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~in my side,with a smile~ kira`s diary

仕事(大工)、趣味(マラソン)、息子の日記。その他色々。 今の目標は、一級技能士とマラソンサブ3.5‼

人生のゴール。生きる幸せ。

今週半ば、妹からの久しぶりの電話。滅多に電話してこないので、やな予感。

訃報だった。

妹の旦那の父が亡くなった。
享年68歳。

その方とは、生前一度だけお会いしたことがある。

妹夫婦からのお願いで、もう長くないから…。と言うので、それならば…と、会うことにした。

会社の社長をしていたその方は、本当にもう居なくなってしまうのか?と、思わせるほど、元気な方だった。

お会いした時、余命3ヶ月と言われていたその人は、会社の代表取締役をしていただけあって、そんな素振りさえ感じさせない威厳があった。

それが2年前。まだ、妹のお腹の中に孫がいる頃だった。

きっと会えないだろう、と何度も呟いては、笑っていたそうだ。

それでも、一分の望みを掛けて、手術に耐えうるまで、体の回復を待ち手術をするも、開けただけで、また、すぐ閉じたそうだ。

もう、手の施しの無い常態だった。

≪すい臓ガン≫

静かな臓器と、言われるほど、病状を見つけにくく、見つけたときには、もう、手遅れ…何て事も。内蔵の中では、病気に強いが、治りにくい臓器でもある。

そして今週、空へと旅立った。

余命3ヶ月の宣告から、2年も長く生きられた。最後は自宅で静かに目を閉じた。

葬式に参列した。

もう、数えた事が無いが、何人見送っただろう。

弔辞を聞くたび、込み上げるものが、その人の生き様が目に浮かぶ。

何回、手を合わせた事だろう。

何回、泣いたのだろう。

死んでいく人、生きている人、両者が立ち会う時間。

同じ時間なのに、過ぎてく時間は同じなのに、片方の時は止まってしまう。

その瞬間が、人生のゴールなのか?

そう思うと、今この時が、とても大切で大事な時間なのだと、改めて思う。

後、どれくらい生きれるか何て、誰にも分からない。

けど、残された時間は皆同じなのだから、その時を精一杯、駆け抜けて、生きていきたい。


昨日のラン

f:id:kirataku:20160626013542j:image






広告を非表示にする