Carpenter's blog that can run

仕事(大工)、趣味(マラソン)、息子の成長記録。その他色々。 一級建築士とマラソンサブ3.5目指してます!!!

涙もろいのは年のせい?

昨日の金曜ロードショーは、スタジオジブリの『天空の城ラピュタ』だった。


f:id:kirataku:20160116230504j:image

もう、何度も何度も見ている、大好きな作品だ。この、ラピュタのTV放映は、13?14?回だったか、毎回、ある場面に話題が集中する。

滅びの呪文『バルス』のシーンだ。

主人公のパズーとシータが、飛行石を手に取り合い、一緒にこの滅びの呪文を唱える...。

何度見ても泣けてくるシーンだ。

この泣けるシーン、Twitterでは、その瞬間に合わせて"バルス‼"と呟くのが、TV放映の恒例行事になっているだとか...。


私は、Twitterはやってないが、その瞬間、心の中で"バルス‼"と叫んでしまっている、痛い親父(笑)どうも感情移入してしまうw

そんなジブリワールドに、毎回引き込まれてしまう自分だが、やっぱりどの作品も、素晴らしいと思う(ジブリファン)

私の中のランキングは...

1位 『魔女の宅急便



ジブリの作品は、"自分には何が出来るのだろう?"と、自身を見つめ直したり、自分探しには、良い作品ばかり。
この先、何かの壁に立ち止まった時、見てみるのも良いだろう。


f:id:kirataku:20160116230622j:image


広告を非表示にする